KONAN|株式会社興南産業

トピックス

  • 自動ブランクス欠点検査装置更新 このたび自動ブランクス欠点検査装置を更新しました。 従来のモノクロ片面検査機から高速両面カラー検査機(画像検査:ダックエンジニアリング製、搬送装置:木田鉄工所製)となり、更に高品質・短納期への対応が可能となります。

  • KES環境マネジメントシステム・ステップ2の継続確認審査完了

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2015の維持審査完了

  • 決算公告 日刊工業新聞に決算公告を掲載しました。

  • CTPシステム更新 このたびCTPシステムをSCREEN製PlateRite 8600NⅡ-Z型に更新しました。 ユニバーサルワークフローEQUIOSの導入と共に更なる自動化による省力化、および高品質・高生産による効率化等、新システムによる安定したオペレーションを構築します。

  • グルアー機更新 このたびサイド貼り専用グルアー機をサンエンヂニアリング製BL450-Ⅱ型に更新しました。 小幅対応が可能となりグルアー工程における生産能力の範囲が更に広がりました。

  • サイバーセキュリティ保険に加入 万一のサイバーリスクに備えサイバーセキュリティ保険に加入しました。

  • 品質マネジメントシステム第62期方針アップ 品質マネジメントシステム第62期(2018.10.1~2019.9.30)の方針をアップしました。

  • 環境マネジメントシステム第62期方針アップ 環境マネジメントシステム第62期~64期(2018.10.1~2021.9.30)3年間の方針をアップしました。

  • クオリトロニックカラーコントロール装置を導入 弊社主要印刷機であるK&B社製オフセット印刷機RAPIDA106(6色+コーター付)に同社製クオリトロニックカラーコントロール(カラー品質管理)装置を新設しました。
    本装置は印刷の色濃度を刷り出しから刷了まで4Kカメラで高速チェックし、濃度値±0.05の範囲に自動的に維持・補正する機能を持っています。

  • 様々なサイバー攻撃から弊社のデータ、お客様のデータを守るためUTM(統合脅威管理)を導入しました。 UTM(統合脅威管理)を導入することにより、以下のリスクを引き起こす要因である脅威をインターネットの出入り口でブロックします。

    ■アンチウイルス

    ランサムウェアやマルウェアを社内ネットワークの手前で遮断し、クライアント PC への感染を防ぎます。

    ■アンチスパム

    迷惑メールを検知してタグ付けを行い、業務に不要なメールを分類することができます。

    ■Web フィルタリング

    フィッシングサイト等の有害サイトや業務に不要なサイトへのアクセスをブロックします。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2015の再認証審査完了 去る6月11~12日に実施された再認証審査において、本社工場はマネジメントシステムの審査基準に適合しており、目的・目標の達成に対して有効との推奨を受け、認証が継続されました。

  • 決算公告 日刊工業新聞に決算公告を掲載しました。

  • 品質マネジメントシステム第61期方針アップ 品質マネジメントシステム第61期(2017.10.1~2018.9.30)の方針をアップしました。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2015の維持審査完了 本社工場は去る6月28~29日に実施された維持審査(2015年度版移行)において、マネジメントシステム審査基準の適合により継続承認されました。

  • 全自動故紙圧縮梱包機更新 このたび故紙圧縮梱包機(ベーラー)を全自動タイプ渡辺機工製WB-43型に更新しました。 故紙処理能力が大幅にアップ、工場内の滞留も減少しリサイクルにも貢献します。

  • 自動落丁機を新規導入 このたび新たに自動落丁機レザック製マスターブランカーBLK-103を導入しました。 打ち抜き工程後、従来からの手作業によるムシリ作業を機械化(自動化)することで省力化は勿論、生産性が大幅に向上します。また、品質面でも安定化が期待できます。 本機の導入による生産性の向上と品質安定化で更にお客様の期待にお応えして参ります。

  • KES環境マネジメントシステム・ステップ2の継続確認審査完了 9月21日にKES環境機構の継続確認審査が実施されマネジメントシステムの有効性が判断され認証されました

  • 品質マネジメントシステム、環境マネジメントシステムの第60期方針アップ 品質マネジメントシステムならびに環境マネジメントシステムの第60期(2016.10.1~2017.9.30)の方針をアップしました。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2008の維持審査完了 去る7月11~12日に実施された維持審査において、本社工場はマネジメントシステム審査基準適合により認証の維持が承認されました。

  • インライン欠点検査装置を導入 去る2月より本格稼働中のKBA社製オフセット印刷機RAPIDA106(6色+コーター付)にWEBTECH製フルデジタルカラー品質検査装置SENSAIを新設しました。 検査履歴の確認はナンバリングシステムによって、正確な欠点流出防止が可能になります。

  • 自動製函機を導入 新たに自動製函機を導入しました。導入に伴いアッセンブル室の改装工事を実施し、作業環境を整備しました。自社アッセンブル作業の実施で、更にお客様の様々なニーズにお応えしてまいります。

  • 用紙反転・紙揃え機を更新 このたび既存の用紙反転・紙揃え機を木田鉄工所製新型ターナーRSK-1600に更新しました。 自動制御装置によって、用紙の搬入・搬出が安全で効率的な作業が実施できます。

  • 新型オフセット印刷機ドイツKBA社製RAPIDA106導入 このたびドイツKBA社製 UVオフセット印刷機RAPIDA106菊全判6色+コーター付を導入しました。 KBA社製の印刷機は2014年2月に導入したRAPIDA106菊全判4色機に続き2台目となります。パッケージ生産で印刷スピード毎時14,000回転以上、ジョブ替え時間短縮等、実績によるパフォーマンスの高さが導入に至る決め手となったことは他なりません。 本機の稼働によって生産能力はもとより品質面でも優れた効果が生まれます。これを機に弊社はワンランクアップした対応力で、なお一層お客様の期待にお応えして参ります。

    KBA RA106-6L_NO2のコピー

  • KES環境マネジメントシステム・ステップ2の継続確認審査完了 9月17日にKES環境機構の継続確認審査が実施されマネジメントシステムの有効性が判断され認証されました。

  • 品質マネジメントシステム、環境マネジメントシステムの第59期方針アップ 品質マネジメントシステムならびに環境マネジメントシステムの第59期(2015.10.1~2016.9.30)の方針をアップしました。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2008の再認証審査完了 去る6月29~30日に実施された再認証審査において、本社工場はマネジメントシステムの審査基準に適合しており目的に合致し有効であると推奨を受け認証されました。

  • 品質マネジメントシステム、環境マネジメントシステムの第58期方針アップ 品質マネジメントシステムならびに環境マネジメントシステムの第58期(2014.10.1~2015.9.30)の方針をアップしました。

  • KES環境マネジメントシステム・ステップ2の継続審査完了 9月18日にKES確認機構の審査が実施されマネジメントシステムの有効性が判断され認可されました。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2008の継続審査完了 8月4~5日に実施された第2回維持審査において、本社工場はマネジメントシステムの審査基準に適合しており目的に合致し有効であると推奨され認証が継続されました。

  • WEBTECH製インライン検査装置SENSAI設置 3月に導入した新型オフセット印刷機KBA社製RAPIDA106に新たにWEBTECH製のインライン検査装置SENSAIを設置しました。生産性と共に更なる品質向上と安定化に対応します。

  • 中央製版株式会社訪問(本社:新潟県三条市) 興南産業の有志9名で訪問しました。広々とした5,000坪の工場内には効率を考えた様々な設備と配置、防虫・衛生に配慮された空調等、素晴らしい作業環境に感心しました。 また、何より喜ばしいのは両社の従業員の間で一層親睦を深められたことと感じています。 末筆ながら、工場見学にはお忙しい中、高橋取締役製造部長、大越品質保証部長をはじめ、従業員の皆様には大変親切に対応して頂き心より感謝しております。 「ありがとうございました」

  • 中央製版株式会社(本社:新潟県三条市)御一行様来社 小林社長以下有志総勢29名で来社され、短いひとときではありましたが弊社の工場見学と互いのコミュニケーションによって一層親睦を深めることができました。 (中央製版様と弊社は2007年10月より災害時における相互支援協定を結んでいます)

  • KBA社製RAPIDA106、日本印刷新聞と印刷新報に掲載される 2014年に新規導入した印刷機、KBA社製RAPIDA106が、5月12日第5527号日本印刷新聞と、5月22日第4480号印刷新報に紹介の記事が掲載されました。 ●日本印刷新聞   ●印刷新報

  • 2014年4月1日付で組織改編を実施 株式会社興南産業は2014年4月1日付で組織改編を実施しました。(企業情報:組織図参照)

  • 新型オフセット印刷機ドイツKBA社製RAPIDA106導入 新型オフセット印刷機ドイツKBA社製RAPIDA106導入 このたび新たにドイツKBA社製オフセット印刷機RAPIDA106菊全判4色UV油性兼用機を導入しました。本機の画期的な特徴はKBA特許センサーが用紙位置を検知する自動用紙搬送機構が採用されていることです。この装置は従来機と異なり用紙搬送時のシワやジャムトラブルの心配が無く、直接ガイドに触れないことでキズやコスレの問題も一掃されることから更なる印刷品質の向上につながります。また洋紙から板紙・Gフルートまであらゆる紙厚の印刷が可能でパッケージ素材の幅広いニーズにお応えすることができます。弊社では本機の導入によって生産面におけるフレキシブルな対応と高効率化による生産性の向上でより一層お客様の期待にお応えして参ります。尚、本格稼働は4月1日からの予定です。

    •  KBA社は創業以来200年を誇る⽼舗企業で世界第2位の総合印刷機メーカーです。
    •  パッケージ印刷において世界的なシェアをもち2013年より⽇本へ本格的に参⼊しました。
    •  弊社機は国内2号機となり⻄⽇本では1号機として他社に先駆けて導⼊しました。
    •  今後はレギュラー4⾊の中⼼機として活⽤し高品質・短納期に努めて参ります。

  • KES環境マネジメントシステム・ステップ2の継続審査完了 去る9月23日にKES環境機構の審査が実施され認可されました。

  • 品質マネジメントシステム・環境マネジメントシステムの第57期方針アップ 品質マネジメントシステムISO9001:2008ならびにKES環境マネジメントシステムの今期(2013.10.01~2014.09.30)方針をアップしました。

  • ホームページ全面リニューアル この度KONANホームベージを一新しました。
    より見やすくなり情報量もより多くしました。
    トピックスも新たに加えました。適時更新しますのでご期待ください。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2008の継続審査完了 本社工場においてQMSの規格要求事項に基づき、確立され有効に実施できていることが検証され維持審査に適合しました。

  • エアーシャワーを設置 工場入口と検査室入口にエアーシャワーを設置しました。

  • KES環境マネジメントシステム・ステップ2の継続審査完了 ステップ2の継続審査が完了し認可されました。
    2002年のステップ1の認可から1年毎の審査で10年目を迎えました。

  • 品質マネジメントシステム ISO9001:2008認証取得 株式会社興南産業 本社・工場はISO9001:2008規格審査に適合し、
    JAB、UKASにおいて認証登録が承認されました。

  • グルアー新台増設 須賀製作所製グルアー機スガ65を新設しました。
    増設によって特殊貼り対応ならびに生産能力が大幅にアップします。

トピックス
n2019年
n2018年
n2017年
n2016年
n2015年
n2014年
n2013年
n2012年